CAPD, Inc.

Hi-Lo HOUSE
徳島県徳島市 | 専用住宅 | 木造枠組壁構法
敷地面積:215.62㎡ | 建築面積:99.37㎡㎡ | 延床面積:137.46㎡
Photographer ad hoc inc 志摩大輔 sue_001.jpg sue_002.jpg sue_003.jpg sue_004.jpg sue_005.jpg sue_006.jpg sue_007.jpg sue_014.jpg sue_008.jpg sue_009.jpg sue_010.jpg sue_011.jpg sue_012.jpg sue_013.jpg sue_016.jpg sue_017.jpg sue_018.jpg 都市部に良く見受けられる間口に対して奥行きの長い長方形の敷地。 道路面からは一見して平屋の倉庫のようにしか見えないであろう建物が今回計画した住宅である。 玄関はサイドからまわりこむように設計し、屋根と壁を設けた。たったこれだけのことではあるが、プライバシーの確保、駐輪、また雨天時に雨具の脱着や、鍵を開ける際に荷物が置けたりと、気の利いたスペースになっている。 中に入ると、外観の第一印象とはうって変わって、最大5m超まで吹き上がる大空間となる。そこから中庭を挟み、今度は完全な2階建となる居室スペースへと続く。 玄関から登り続ける屋根は、中庭部分で一旦途切れ、居室スペースの中庭側を頂点として、緩やかに下る。敷地形状に沿った"長さ"のある建物だからこそ、大きな高低差が無理なく収まり、動きのある建物へ仕上がった。 見た目の実際の高低ももちろん、外から中に入った時に感じるギャップの大きさの表現も兼ねて、愛称を「Hi-Lo HOUSE」とした。