CAPD, Inc.

Balcom ust studio
ラジオ番組収録スタジオ
@広島県広島市
Photographer 元圭一(CACTUS)
"H"ADC 第三回公開審査会 環境・空間・サイン・ディスプレイ部門 入選 00-ba.jpg 03-ba.jpg 04-ba.JPG 06-ba.jpg 片側3車線の幹線道路沿いのテナント。交通の量が多く、流れの速いこの立地で多くの人に認知してもらうためには、人の視覚に直感的に訴え、一目でそれと分かるものにする必要がある。その必要を満たすために昔から使われてきたのが看板であるが、よりシンプルに、瞬間的に人に認知してもらうために、看板の持つ機能をFAÇADEそのものに持たせたのが今回の計画である。 インターネットやテレビといったメディアが台頭してきた現代でも、ラジオはその役割を全うしている。災害時の情報提供、ドライブ中のBGM等々これからもその存在は消えることはないだろう。そこで、古くから親しまれてきたラジオ番組の発信拠点を表現し、それを幅広い年齢層の方たちに認知してもらうために、オーソドックスなラジオの形を模倣した。また、素材や色をビビットなものにすることによって、さまざまな看板や店舗がひしめき合う立地において、このスタジオの存在を強調している。 この"大きなラジオ"がラジオ収録スタジオとして多くの人に認知され、魅力的な番組の発信拠点となることを願っている。