CAPD, Inc.

Roche
美容院
@広島県福山市春日町
Photographer Nacasa&Partners 志摩大輔 00_Roche.jpg 01_Roche.jpg 02_Roche.jpg 03_Roche.jpg 04_Roche.jpg 05_Roche.jpg 06_Roche.jpg
初めて現地を訪れた際の直感が設計方針を決める。そこにクライアントの要望を組み込み、できるだけ少ない要素で成立させる。これは今まで経験してきたほとんどすべての案件における結果であり、本案件もその例に当てはまることとなった。

クライアントのご案内のもと、春の心地良い日差しを感じつつ訪れたのは、閑静な住宅街の一角。今回は、都心部の間口の狭い建築物とは異なり、たっぷりとした敷地に駐車場を広くとった、賃貸マンションの1Fに位置するテナント区画の内の一区画における美容院の計画である。

隣合わせのテナント同士が横一列に並びマンションと同化している為、他店舗との差別化に主眼に置きつつ、クライアントの目指す"ロッキンチェアに揺られているようなくつろぎ"の具現化を思考した結果、導きだされたのは「パティオ(スペイン住宅における娯楽に供された屋根のない中庭 もっともくつろぎをもたらすスペースの意)のような空間」の創造であった。

まず店舗前面の通路までデッキスペースを設け、屋内と連続させる事で屋外の開放感を屋内にまで導き、さらにその屋外空間をアイアンのフェンスで囲った。 家具は美容院特有の整列された配置ではなく不規則な配置によりあたかも屋外に放り出されたような動きを与え、装飾面においては店内の仕上げにエイジングを施し、長年屋外で使い込んだような独特の質感を与えた。そこに外からの光が入り込むことで、"内"であることを認識しながら"外"を感じさせる独自の空間を生み出した。