CAPD, Inc.

Showroom+Office
広島県福山市 showroom_01.jpg showroom_02.jpg showroom_03.jpg "門"のある展示場
メインのオフィス、ショールームを備えた建物は、「門出を祝い」、「凱旋を迎える」住宅建築という一大プロジェクトを開始する場所、そして外で懸命に働いた従業員を迎え入れる場所として相応しい門をモチーフとした。 この門を敷地中央に、モデルハウスを交通量が多く人の目に触れやすい南側に、北側は主に従業員用通用口、駐車場とする計画とした。こうすることで南側からの視線が一度中央で留まり、奥行きと幅のバランスがとれた目を引きやすい施設となる。アーチ状に建物中央を切り取り、南北を結ぶ通路とすることで動線を損なうこと無く、またイベント時にはあたかも神社の参道のような雰囲気を演出できる。 モデルハウスは住宅の根幹である構造のみを見せるスケルトンの提案とした。仕上げの可視化は各種サンプルを備えたショールームや今後ますますの発展を見せると思われるパース、VR技術に任せ、基礎や軸組など建築の技術、その美しさを来場者に感じてもらうことが他社との差別化に繋がると考えた。